HOME > 加齢臭について > 加齢臭の原因

加齢臭と原因

加齢により変化する体臭の原因がノネナール (C9H16O) であることが発見され、また、一般的に男性は老廃物の分泌が多いため、皮脂が大量に分泌され酸化し、ノネナールが大量発生すると言われています。また現代人の食生活の変化が主な原因という見方が強く、肉料理を多く摂ることにより体調が反応するもの、と説明されることもあります。

加齢臭と抗力

加齢臭は皮脂の分泌と大きく関係しています。ニキビで悩む思春期にも皮脂の分泌が多いものですが、この時期には酸化抑制の力が強いため、においがしませんが、加齢によってその抑える力が弱くなり、酸化が続くと加齢臭として発生します。皮脂はシャワーをあびるだけでも落ちますが、食生活等の改善をしないかぎりは効果はありません。

このページのトップに戻る