HOME > 加齢臭について > 加齢臭とは

加齢臭とは

加齢臭は40歳ごろから出始め、男性が特に臭いがきついと言われています。渋味臭、苦味臭のタイプが多く、異性に嫌われる臭いというのが一般的なイメージです。日本人にとっては生活習慣の劇的な変化、特に食生活の変化が原因と考えられています。今では加齢臭や足の裏の臭いなどに効果的な石鹸などが多数販売されています。

加齢臭は常に臭う

加齢臭は中年の働き盛りの男性に最も多く、子供から大人までが嫌うものです。夏場に背広を脱いだ時のわきの下の臭いや靴下などの臭いといった一般的なイメージで説明しやすいものですが、夏ばかりではなく冬でも加齢臭は持続します。口臭以外では入浴などで一時的に消え、翌日の昼から夜にかけてがもっとも臭うと一般的に言われています。

このページのトップに戻る